印鑑

印鑑とどんな時に使うのか

朱肉

印鑑を持っていない人はいないでしょうが、実はサインで事足りることも多いです。そもそもサインが本人を確認する方法として最も簡単であり、最適でもあるからです。どうしようもない時には筆跡を証明することができるからです。しかし、それは途轍もなく面倒なことでもありますから、印鑑を使うわけです。色々なタイプの印鑑がありますが最高の効力があるのが実印になります。実印となる要件は簡単であり、印鑑登録を役所にしていることです。これをできればそれは実印として使うことができます。大きな契約をする時などは求められることになります。例えば住宅ローンなどを組む時には必須になることでしょう。
その上でサインもする、というのが契約書の署名としてはベストなのです。つまりは、実印とサインの両方をするのが基本になります。大きな契約においてはこうした印鑑が必須なのですが、宅配便などにおいては特にそんなものが必要になるわけではないのです。では、何が必要になるのか、といえば認印です。
実は認印の印であろうと実印登録は可能です。ですが同一のものを使うのは避けたほうが良いでしょう。あくまで実印と認印は分けることです。三文判も用意しておきましょう。


TOP

Copyright © 2016 印鑑は出来れば素材、太さ、風格に合った書体で作ってもらうべき All Rights Reserved.